【ネタバレ無し】「名探偵コナン 緋色の弾丸」を徹底レビュー

アニメ

概要

劇場版名探偵コナンの24作目にして、赤井ファミリーが集結するという新しい切り口の今作。東京事変が主題歌「永遠の不在証明」を担当するという事もあり話題になっていました。

2020年に公開予定だったものの、新型ウイルスの影響で1年延期になってしまった「名探偵コナン緋色の弾丸」。

しかし2021年4月16日(金)に無事に公開が決まり、長年のコナンファンである筆者もすぐに映画館に駆けつけました。1年間待っていたこともあり、公開初日に駆けつけたファンが多かったようです。

私自身、名探偵コナンシリーズの映画は全作視聴済です。
そこで今までのシリーズと比較しつつ、まだ映画館に足を運ぶか迷っている方に向けて、直接的なネタバレを一切せずにレビューをしていきたいと思います。

こちらはYouTubeにある公式の予告動画です。

 

 

レビュー

①ストーリー

予告や公式サイトにも掲載されているので触れますが、今作では「真空超電動リニア」が舞台となります。今まで飛行機や船、高層ビルなどの様々な舞台がありましたがリニアは初です。

登場人物としては、赤井ファミリーの出番がたくさんあるので「普段コナンは見ていない」という人は事前に相関図を調べておくとわかりやすいです。一応映画の冒頭にサラッと簡単な説明はされているのですが、今作から初めて見る!という方には少し難しいかもしれないというのが正直な感想です。「誰が誰の正体を知ってて、この人は何の人だっけ?!」となりやすいので、私も事前に改めて復習しておきました…!(笑)

Twitterにわかりやすくまとめて下さっている方が居たので載せておきます。ありがとうございます!

https://twitter.com/mineral49/status/1052767003855835137?s=20

②アクション

今作はアクションに関して満点でした!
アクションシーンが非常に多いです。映画館で是非見て欲しい!と思えるような迫力がありました。
リニアも非常にダイナミックな構図になっており、単調な画面にならず楽しめました。対人でのアクションも緊張感が上手く描写されていて面白かったです。

 

③謎解き

謎解きに関しては、普段コナンシリーズを追っている人にとっては物足りなさがあったかなと思います。毎週放送しているアニメレベルのイメージですかね。
最近の劇場版の傾向として、謎解きよりもキャラクターの魅せ方を重視している傾向があるので、そういう意味では成功していると思います。
ただ私は劇場版シリーズの中では「ベイカー街の亡霊」のような謎解きを重視したタイプの方が好きなので、少し物足りなさを感じました。

(※ちなみに2002年公開シリーズ6作目にあたる「ベイカー街の亡霊」は、江戸川乱歩賞を受賞した作家が脚本を担当するという徹底ぶり。人気投票でも1位になったこともある人気作です。)

 

感想

ここまでレビューしてきましたが「名探偵コナン 緋色の弾丸」を是非、映画館で見て欲しいです。もちろんコロナ事情に配慮したうえでですが、テレビで放送されるのを待つというのはもったいないと言える映画でした。

赤井秀一好きの方にもオススメです!予告でもライフルを構えてましたが、控えめに言ってすごくカッコイイです。赤井秀一の女も社会現象になったりして…(笑)

 

まとめ

来年に公開されるであろう25作目への期待も抱かせてくれるような作品でした。
まだ見ていない人向けに直接的なネタバレをできるだけ避けつつ、どのような雰囲気か分かるようにレビューしてみました。

少しでも参考になれば幸いです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました