【疲れない】SNSとの上手な付き合いかた【使い方】

LIFE

身近な存在であるSNS

今の時代、スマートフォンを持っている人で「SNSを使用したことがありません」という人は殆どいないでしょう。

twitterInstagramFacebookなど私たちの周りはSNSで溢れています。

10代から年配の方まで様々な方が利用しており、写真や動画を載せたり世界中に友人を作ることが可能です。

 

SNSを使いすぎると疲れてしまう

しかし、SNSを利用して疲れすぎてしまう事はありませんか?
スマートフォンの通知を見るたびに憂鬱になってしまう、という事があるでしょうか?

楽しかったはずなのに、「気づけばずっとモヤモヤしてしまう」「嫌いな人のアカウントを何度も見に行ってしまう…」こんな経験はありませんか?
SNSは便利で楽しいですが、気づかないうちに振り回されてしまう危険性もあるのです。

自分もかつて振り回されていた

私自身、SNSをよく利用しています。
スマホの中にある利用状況のデータを見ていても、全体の6割はSNSを使用しています。そのうちに段々とネットの世界に疲れてしまった事がありました。

しかし、今では楽しく上手にSNSと付き合えるようになりました。どうすれば良いのか、実践的な考え方と方法をお伝えします。

 

疲れないSNSの使い方

承認欲求に振り回されない

SNSには「いいね」が表示されるものが多いです。これはあなたの投稿したものに対する皆の反応がダイレクトに表示されるので、「いいね」が多い投稿はやはり人気があり目立ちます。

しかし数字にとらわれすぎると楽しくSNSを利用しにくくなります。いきなり初期から「いいね」がたくさん貰える人間は極少数だからです。
しかもこれには隠れたデメリットもあります。「いいね」がたくさん付く投稿者は、良くも悪くも皆から目立った存在なので、炎上しやすくなるという欠点もあります。のびのびと自由な発言が出来なくなってしまいます。

 

世界を小さく感じない

SNSを利用していると、そのコミュニティの中に人間関係が閉じこもってしまう傾向があります。実際にはSNSの外でたくさんの人が存在していて生活しているのに、いつもネット上の限られた人間関係のことばかり考えてしまうのです。

ですから、閉じこもったコミュニティに居すぎないように気をつけましょう。

いつも目に付く人達の事が気になるのはわかりますが、スマホを閉じれば会わなくなる人達です。そう考えて、できるだけ揉め事には巻き込まれないようにしましょう。

 

時間を減らす、よく考える

SNSを利用している時間を思い切って減らしてみるのはどうでしょうか。思考を別の事へ移動させるのです。

例えば「朝起きてすぐにスマホを触るのをやめる」「寝る2時間前はスマホを見るのを止めて本を読む」などです。

今自分が何に対してモヤモヤしているのか考えてそこから距離を置くのも大切なことです。客観的に見れば大したことでは無かったり、解決策が思い浮かぶかもしれません。

 

SNSは悪いものではない

SNSとの付き合い方について伝えていましたが、SNS自体は悪いものではありません。

誰かに自分のことを知って欲しい、と表現すること自体は悪いことでは無いからです。いつの時代も形は違いますが、自分を表現する場所は存在していたからです。ただ上手に付き合っていく必要はあります。何事もそうですが、バランスよく用いる事が大切です。

この記事からは実践的な方法をお伝えしましたが、SNSで本格的なトラブルに巻き込まれた際は、迷わず身近な人や警察へ相談するようになさって下さい。

精神的な問題が生じた際も、医療機関や専門家にきちんと相談する事をおすすめします。
日常生活に支障をきたしている場合は特にそうなさってください。

この記事から少しでもSNSを賢く用いる助けになれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました